主食としての味噌汁の開発とノンアルコールの美味い日本酒は開発出来ないか?

味噌汁は日本人にとっては、国民食と云って良いほど昔から主食としてのご飯と共に食べられている。しかし、外国人にとっては、味噌汁の匂いを嫌な臭いとして避けていた人も多かった様である。しかし味噌汁の手軽さと健康効果を知ったら、驚く程の食材であることに気付くと思われます。嘗ては外国人が忌み嫌っていた納豆の匂いとネバネバの糸をひく食材として避けていた多くの外国人も納豆の健康上の効果を知って、好んで食べる人が急増してることを思うと、「味噌汁」の国際食としての可能性は非常に大であると信じています。

同じ米麹をベースにしている日本酒も日本国内では年々需要が減少しているようですが、アルコール類は寄せ付けない日本人でも日本酒を飲めることに対する憧れが強い人達を知っています。

そんな意味でもノンアルコール日本酒が出来たら良いなと思っています。

実際にはもう既にノンアルコール日本酒は1~2種市販されてるようですが

日本酒の味とは程遠いと云う噂も聞いておりますので、早く技術開発がなされて、日本酒の愛飲家と国際化に貢献されることを心から祈っています。

 

米麹をベースにした日本食の数々